ロゴ                              当サイトご利用について

    TOP / 電解次亜とは? / 機器紹介 / 使用事例 / ノロウイルス対策に / お問合せ
電解水.jp
ノロウイルスとは
◆感染性胃腸炎をおこす小型のウィルスです。
◆感染力が非常に強く、集団感染の原因となります。
◆人の腸管内でのみ増殖し、便や嘔吐物とともに排出されます。
◆自然界や食品中では増殖しません。
◆20%のエチルアルコールに24時間放置しても失活化しません。
◆85〜90度で90秒以上の加熱処理で不活化します。(牡蠣などの調理の場合)
◆塩素濃度10ppm以上で失活化します。(ノロウイルスのみの場合)
◆次亜塩素酸ナトリウムに対する抵抗力は弱い。

参考:厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&Aより抜粋

特徴を羅列しましたが、ここで重要なのは

アルコール消毒ではノロウイルスに効果が無いこと
加熱処理か次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効であること

そこで・・・
ミニクローラ (電解次亜水生成器)
が活躍します。

ミニクローラ

ミニクローラは次亜塩素酸ナトリウムと同等の効果のある
電解次亜水をつくります。



ノロウイルス対策としてTVに紹介された事もあります。




食品加工施設等に導入されている装置はこちらから

一番上に戻るトップに戻る